無料ブログはココログ

旅行・地域

2017年10月11日 (水)

軍艦島

10月の3連休は福岡と長崎に行ってきました

長崎は2日目、軍艦島ツアーで1人空席を見つけ予約、福岡宿泊だったので電車で2時間かけて移動しました

当日の海は凪、波の高さは1m、非常におだやかな海でした
お陰で船が軍艦島に接岸可能、あこがれの軍艦島に上陸できました

炭鉱として栄えて80年、その後人が住まなくなって40年、建物はかなり風化が進んでいます
しかし、現代の文明生活の礎となった先人の石炭採掘、過酷な労働現場、それらを支えた遺物が残されており、改めて先人に感謝です

昭和30年代、TVの普及率は100%、相当な高給取りであった地方銀行行員の月給が7万円程度の時代、工員の月給は15万円、三菱の幹部は50万円、赴任した住み込みの医師は100万円だったそうです

住居は6畳1間だけ、でも電化製品は最新設備、ある意味いい暮らしだったようです

風化が進み、建物の維持が大変でしょうが、現代文明の礎、後世にわたって維持していただきたいと思います

Ncm_0749

2013年8月17日 (土)

日本の最北端制覇

今朝、日本の最北端を制覇しました。

最東端・根室、最西端・与那国、人の住む最南端・波照間は既に制覇、残すはここ宗谷岬だけでした。

天気予報は雨でしたが、幸いに雨に遭わずに済みました。
天気が良ければロシア・サハリンが見えるのですが、今日はサハリンの影と思われるものが見えただけでした。

隣接する流氷館、本物の流氷の展示です。
館内は-20℃以下でしょうか、避暑を通り越した痛い寒さでした。

その後、オホーツク海に沿って100キロほど南下、別に意味はありません。
久々に仕事を忘れることができました。

Ncm_0251

2013年8月16日 (金)

最北の駅に到着

日本の最北の駅まで来ました、今日から夏季休暇です。

いつもの出張ならコンビニ弁当をホテルで食べるのですが、今日は地元に店に入ってみます。

Ncm_0247

2013年8月 5日 (月)

高速バス

先日の名古屋出張、時間に余裕を持ち、往路は高速バスを利用しました。

途中のサービスエリア休憩3ヶ所、地元の特産品や地元の料理に期待しての乗車でした。

ところが東名高速に入るとすぐに渋滞、2キロを抜けるのに2時間かかりました。

休憩は通常なら20分程度ですが、たったの10分、食事はコンビニ弁当になってしまいました。残念!

写真は途中の浜名湖サービスエリアからの景色です。

Ncm_0240

次回は15日に日帰り出張で豊田に向かいます。
豊田税務署に相続税の申告書提出、帰路を高速バスにしようと思いましたが、Uターン渋滞で何時間かかるかわからないのであきらめ、新幹線にします。

2012年8月13日 (月)

避暑から戻りました

先週末から北海道に避暑していました。

夜はホテルで窓を閉め、エアコンを止めて寝られました。
幸い雨に遭わずに済み、ゆっくりできました。

宿泊は札幌市内でしたが、日曜は足を伸ばし、夕張に行きました。
夕張市というと財政再建団体、カネはありません。
石炭博物館に行ったのですが、閉鎖した幽霊屋敷化した元遊園地の中を通り抜けて博物館に到着しました。
先人が相当苦労して掘り当てた黒いダイヤ、この苦労があるからこそ今の豊かな生活があることを実感できました。

石炭博物館の隣は花畑牧場、かつての勢いはないのですが、広大な駐車場がその過去の勢いを物語っていました。ソフトクリームを食べ、これがその日の昼食でした。美味でした。

そのあと、北海道開拓の村に向かい、北海道の歴史を学んで来ました。

食事は札幌ラーメンを3度、行きつけの芸能人がよく来る店は2夜連続で入りました。
札幌ではいつも同じラーメン店を利用しています。
進歩がないのでしょうか。

次の北海道は来年2月または3月の花粉症疎開です。

2011年5月 4日 (水)

旧岩崎邸

201105041128000 201105041057000

本日はみどりの日、近くの文京区湯島にある旧岩崎邸が無料開放、近くに住んでいるものの初訪問、灯台下暗しです。
無料開放とあって多くの人が訪れていました。

門から入って屋敷までの距離200~300mほど、広大な敷地です。こんな広大な敷地に住んでいたとは、さすが三菱財閥です。
パンフレットによると、今の門は昭和になって設けられたもので、明治時代は更に距離のある所(多分屋敷から500mぐらい)のところにあったようです。その門のあった所、今はマンションが建っています。

敷地が広大なら屋敷も広大でした。内装は相当手間をかけて作ったことが伺えます。明治時代の最高級洋館を見せていただきました。

職業がら、この敷地と屋敷は相続税の物納で国有化されたのかと思ってしまいます(真偽は確認しておりません)。

次回の無料公開は都民の日の10月1日です。

2011年3月27日 (日)

ランドセルを被災地に

この春で小学校を卒業したうちの子ですが、6年間使用したランドセルをどう処分しようかというところです。

この地震の被害に遭った子どもたちに贈るランドセルメーカーの存在をネットで知りました。

津波で小学校や家が流され、学校に通う備品すら事欠く子が多くいることでしょう。募金も有効でしょうが、捨てるものを今後有効に大切に使ってもらえるなら是非差し上げたく思います。うちの子のランドセルは6年使用した割には綺麗な状態です。

現金を贈ることも被災地支援、食糧を贈ることも被災地支援ですが、身近で使わなくなったものを贈ることも支援です。古着を贈ることは迷惑なようですが、今回のランドセルはメーカーが修理を施した上で贈るものです。

小学校卒業の皆さん、協力しませんか?

2011年2月20日 (日)

ホテルのレベルアップ

このところ、本業の話題続きでしたので、内容を変えます。

昨日から名古屋出張で、現在名古屋のホテルにいます。お出かけ前の身支度、髭剃りをしておりましたら何となく感覚が違うことに気づきました。ホテル備え付けの剃刀が何となく違います。

よくよく見ると、1枚刃が2枚刃、しかも横滑りした時に切れることを防止する刃です。

先週の名古屋出張も同じホテルでしたが、先週は1枚刃、1週間の間にレベルアップしたようです。ホテルにとってはコスト増ですが、周囲より1ランク上のホテル、勝ち残りのための戦略の1つかと思いました。

なお、このホテル、前々からシェービングクリーム付でした(私が普段宿泊する殆どのホテルには剃刀はあるものの、シェービングクリームまでありません)。

2010年12月28日 (火)

正月ダイヤ

正月ダイヤというタイトル、交通機関の年始特別ダイヤですが、都心の話ではありません。

元旦に私の実家から家内の実家に移動するための交通機関の時刻を調べていました。

私の実家を出て電車に乗り、JRから私鉄に乗り換えます。この乗換駅での時間は数分、乗り換えるには十分ですが、乗車予定は特急、すなわち特急券指定席券を別途購入しなければなりません。特急列車はガラガラなのはわかっています。しかし券売機で購入に時間がかかる人が前に並んでいると買いそびれる可能性もあります。

そこで1本前の電車で最初の乗換駅に向かおうと考えました。1本前は30分前、ところが残念なことにその電車は途中の駅までしか行きません。更にもう1本前は結局1時間前、そうなると今度は待ち時間が余ってしまいます。駅前で時間を潰す場所が殆どありません。

それなら平行して走るバスに乗車することを考えました。所要時間は電車が45分に対して、バスは60分、大差はありません。

バスのダイヤを調べると、これまた正月特別ダイヤです。普段は1時間1本ですが、正月は2時間に1本程度、これも待ち時間が中途半端になってしまいます。

結局、乗換時間数分の電車を利用することにしました。

都心では正月ダイヤといえば、初詣客を運ぶために運転本数を増加したり、普段は通過する駅を優等列車が停車したりします。地方ではその逆のダイヤです。車の移動が当たり前になっています。地方の鉄道・バス事業が成り立たない理由がわかります。

2010年12月24日 (金)

切符

業務で某地方私鉄に乗車しました。

乗車券は今では珍しい板紙でした。今は自動券売機から出される裏に磁気のある券が主流です。自動改札機を導入していない中小私鉄は券売機から出される薄い紙に印刷したものが主流かと思います。

30年ほど前までは自動券売機の無い国鉄の駅では当たり前だった板紙の切符、懐かしい気分にひたれました。

写真は目的地に行く乗車券、改札が大手私鉄と共用のため、入場時は赤のスタンプでした。帰りは昔ながらの鋏を入れていました。

201012241335000

より以前の記事一覧